FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遅くなりましたが、ご報告

医師国家試験、合格致しました。

安堵感とともに、感謝の念を強く感じております。

応援してくださった皆さま、支えてくださった皆さま、
本当に、ありがとうございました。


続きを読む

スポンサーサイト

医師国家試験まで…

・あと10日を切りました。

 最近のweb logはもっぱらtwitterで、
 ブログはぜんぜん更新できていませんでした。

 国家試験後に、また、ゆっくり腰を据えて更新してゆこうと思いますので、
 よろしくお願い申し上げます。


・最近始めたtwitter。
 “リアルタイム感”と“チャットとブログの中間”あたりが、
 どうやらKey wordみたい。
 ひとに薦められるほど、そのなんたるかがまだわかっていないんですが、
 followerがまだ10人ちょい(ほとんどがどこかの医学部6年生)とさびしいので、
 本ブログの読者の方、ぜひぜひ、やってみて!
 (そして僕をfollowしてください)


・それでは、また、国家試験後に。

さようなら会えなくなるけど

淋しくなんかないよ

そのうちきっと大きな声で
笑える日がくるから~♪


みたいな感じで追いコンが終わり、水泳部も卒業。

実は水泳もちょっとお休み中。

秋口から気になっていた上腕の痛みが増悪傾向にあって、
12月に入ってからは周期的な安静時疼痛まで出てきて、
勉強に支障をきたし始めたので…

感じようによっては骨痛かとも思えるので、
まさか骨肉腫か?
なんて自己診断したりして。

こういうのを『医学生症候群』という…のかも?

(実際、ちょっとした症状から恐ろしげな病名が浮かんでは消えるということがしばしばあります)


続きを読む

朝練

木曜朝は部活の朝練習に参加。
朝起きてもまだ暗く、しかも雪が降っている…という、試練の季節がやってきた。

それでも朝練には多くの部員が参加してる。
おのずから、応援したくなってしまう。

この時期の朝練は本当にしんどいけど、
きっと、一回一回の練習がダイレクトに、レベルアップにつながる。
精神的な部分だけじゃなく、いろんな側面において、そうだと思う。
だから、後輩たちにはがんばってもらいたいなって思う。


********


練習の方も、後輩に偉そうにハッパをかけながら、
自分もけっこう追い込んでしまった。

「軽く流して、刺激を入れよう」ぐらいに思っていたのに。
条件反射的にオールアウトしてしまうんだよね。
そしてそれが、やっぱり最高に気持ちいい(注:Mであるということではない)。

水泳やっててよかったと思う瞬間のひとつ。
ガクガクになった脚を引きづりながら、残りの一日はお勉強に集中…(できたらいいな)。


続きを読む

市民講座

先週末、大学で市民公開講座『トップアスリートから学ぶ』を聴講。
メインゲストはデサントの柴田亜衣氏。

“怪我の予防とトレーニング”という題目に惹かれて来場した選手や、
より専門的かつ具体的なトピックスを求ていた聴講者にとっては、
ちょっと物足りない内容だったのかも…なんて印象を僕はもちました。

それでも、『市民講座』としては興味深い内容も多かったし、
柴田選手のメンタル的な話は、競技において即効性のあるヒントにはならないかもしれないけど、
若い選手にとっては特に、時間をかけて“じっくり効いてくる”話だったんじゃないかななんて、
ちょっと年寄りくさく思ってみたりもしました(笑)

変にこなれずに、丁寧に自分の考えを言葉で紡いでゆく柴田選手はとても魅力的でした。
なにより謙虚。
トップスイマーにはこういうタイプの選手が多いように感じます。

講演会ってのは、学会とかとは違って、
そういう“じっくり効いてくる”側面を、もっと積極的に楽しむべきなのかもしれません。



********



同時講演は水連の金岡Drでした。
金岡Drの講演は2回目(内容はほとんど同じ)だったんだけど、今回も、
スポーツ医学領域はいろんな意味で興味深い部分が多いと気づかされるよい機会となりました。

運動生理やスポーツ障害の病態生理の解明、その克服法の発展を望むことはもちろんですが、
もっともっと、「現場」と「学者」の橋渡しが密になればいいのにっていつも思います。

筋電図の波形をいかにして現場のトレーニングにまで落とし込むのか。
その思考過程とノウハウは、まだまだ研究の余地がありそうです。

で、ちょっとだけ話の方向は変わりますが。

今回は前回講演の「一般向けダイジェスト版」みたいだったから余計にそう思ったんだけど、
「水泳選手の48%は腰に障害を持っています」
なんてドンと出されたら、いかにも水泳は腰に悪そうなスポーツだなって思っちゃうよね、きっと…

一般スイマー(僕くらいの選手含む)の運動強度と、インカレ・ジャパンレベルの選手の運動強度は、
もう別のスポーツといってもいいんじゃないかってくらいに、
その世界がかけ離れすぎていることをもう少し強調していただきたかった…かも。

というわけで、それぞれの世界をちょっとだけ垣間見るために(?)、
僕が昔経験した、あるいはトップスイマーがやっているのを見たり聞いたりした、
「印象深い練習」をいくつか紹介!

続きを読む

Twitter
プロフィール

keigo

Author:keigo
試される大地、北海道・札幌在住の大学生。
現在医学部6年目、国家試験に向けて日々勉強中。
趣味は競泳、読書。

心に残ったこと、残しておきたいことを、読書日記を軸に書き留めていきたいと思います。
週2~3回くらいの頻度で更新していきます。
コメント・トラックバック熱烈歓迎です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。