スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミスがあったときの対処。

以下、森博嗣先生のHPより抜粋。

ミスがあったときの対処について書こう。もちろん、最初にすべきことは、同様のミスがほかにもないか、という調査である。そして、その確認が終わったら、将来に向けて、どのような手を打つかを決めることだ。
 たとえば僕の場合、自分でミスをしたら、やり方を変える。誰かに仕事を依頼して、そこでミスがあったときには、その依頼方法を必ず変更する。同じ手順では、また同じミスが起こる可能性がある。その人が「今後は充分に気をつけます」といくら謝っても、変更は必要だ。これは、その人間を責めているのではなく、僕の依頼のし方が悪かった、と反省しているためである。その人は大丈夫でも、違う担当者になったら、またミスが出るかもしれない。人に伝達されたときには、「以後はしっかりやろう」という意気込みまでは伝わらないのである。


(『MORI LOG ACADEMY』2008年2月11日より)

『十分に反省して~』なんて、
口だけで言ってもあまり意味はない。
具体的に、何をどう改善することで、
次に同じミスが起きないようにするか。

『うっかりしていて…』
『真剣さが足りなくて…』
なんてのも、うまくない。
“うっかり”が許されたのなぜか。
“うっかり”が許されたシステムが悪いのだ。

ミスが起きたら、システムを変える。
論理的に、システムとして物事を改善する視点。
単純だけど、これはとても大切なことだと感じている。

スポンサーサイト

チキンラーメンが好き。

20080307221710
料理するのが面倒で
チキンラーメンでも食べようかと思って買ってきたんだけど
お湯を沸かすのも面倒になって
気付いたら
そのままバリバリ食べていた…
(10分後、完食。)

生活力は低下中かも
流れを変えたい…

反面教師。

嫌いな言葉。
というか、実行しないようにしている概念のひとつに、
『反面教師』
という考え方がある。
人のふり見て我がふり直せ…

そういうものの見方が大事なときもあるんだろうけど。
いまいち好きになれないのは、
どうせなら人の“よいところ”から学びたいと思うから。(理想だけど…)
他人にマイナスつけて得られる学びなんて、ちょっとネガティブ。。

人のよいところ、自分にはない魅力に自然と目がいって、
そこから気持ちよく学べる人生が理想。
そういう人生の方が、
ワルクチばっかり言っている人生より、
きっとハッピーだ

“『ぷっ』すま”とお笑い。

いや~いまさらだけども。
先週の『ぷっすま』はおもしろかったねぇ。
パーフェクトマン…久しぶりに、笑い転げてしまった!!

ぷっすまの魅力は、MCの二人とゲストに、
『よーし、笑かしてやるぞ~』
という感じのギラつきがあまり無いところだと思うね。
力の抜けた自然なボケとテロップによる的確な突っ込みが、
うまく噛み合っているよね。
(逆に、ゲストが必死だったりする回はあんまりおもしろくない。。)

朝練があるから全部は見れないんだけども、
ビデオに撮ってまで見たいとは思わないのも、
そこんところが理由なのね。
力の抜けた笑いは、
こっちも力を抜いて適当にみるくらいがちょうどいいのさ

明日の放送も楽しみ~♪
Twitter
プロフィール

keigo

Author:keigo
試される大地、北海道・札幌在住の大学生。
現在医学部6年目、国家試験に向けて日々勉強中。
趣味は競泳、読書。

心に残ったこと、残しておきたいことを、読書日記を軸に書き留めていきたいと思います。
週2~3回くらいの頻度で更新していきます。
コメント・トラックバック熱烈歓迎です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。