スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「質問力」について

THE 21 (ざ・にじゅういち) 2008年 09月号 [雑誌]THE 21 (ざ・にじゅういち) 2008年 09月号 [雑誌]
(2008/08/09)
不明

商品詳細を見る



「質問力」という概念に興味があります。

今までは、いろんな場面で、質問を強いられることが嫌いでした。
「いい質問」の意味がわからんとさえ、思っていました。
質問とは、疑問に思ったことを解決する手段でしかないんだから、
あえて高尚な質問をひねり出そうとするのは“やらせ”なんじゃないか。
そんな考え方をもっていました。

が、「質問」とは、実はもっともっと、
大きな可能性を秘めたコミュニケーションツールなのだということに、
いまさらながら気づきつつあります。
すなわち、「質問力」の重要性です。

そもそも、質問のもとになる疑問が起こらないなんて、
基本的知識の欠乏か、ちゃんと話を聴いていないかだという見解は、
ひとまずおいといて。

技術としての「質問力」がやはり必要であると、最近は強く感じています。
それは小手先のワザとしてではなく。
テーマの核心を突き、
話題を深く掘り下げ、
ときには大胆に話題を飛躍させ、
お互いのもつ未知なる扉を開くような…
コミュニケーションをより充実させるための技術です。

「人」を含んだ「場」を読みきったうえでの「質問力」。

ときには敢えてわかっていることを質問してみたり。
質問の「先」を見据えた質問であったり。
「質問」の形式でありながら、持論をさり気なく主張するものであったり。

うーん、奥が深い。

ポリクリ生活における、あるいはその先の研修生活における、
ひとつの目標になりそうです。
本質を穿つ視点をもつことが、究極の目標のひとつです。
スポンサーサイト

道に倒れて誰かの名を呼び続けたことはありますか

って、ないよ普通!!

出だしからして壮絶な、
中島みゆきの名曲中の名曲、『わかれうた』。

とにかく容赦ない世界観が全開。

別れの気分に味をしめて
あなたは私の戸をたたいた
私は別れを忘れたくて
あなたの目を見ずに戸を開けた


この、オブラートに包むことない痛々しすぎる言い回し。
「それは言わないほうがキレイなのに…」
というところもおかまいなしに、ザクザクと傷口を拡げるかのような表現力。

恋の終わりはいつもいつも
立ち去るものだけが美しい
残されてとまどうものたちは
追いかけてこがれて泣き狂う


それを言ったら、あんまりでしょう。
だけど、この最後のフレーズはすごく好き。
なんでも綺麗にまとめてたら、本質を見失うんだ、きっと。
むりやり前を向かなくてもいいんだ。
落ちるところまで落ちないと、見出せない道もあるのかも。




そんなわけで、失恋したときや、なにかに絶望したときは、
中島みゆきを聴きましょう。
中途半端に明るい曲で気分を誤魔化したりしないで、
とことん、落ちるところまで、落ちましょう。

カラオケに行ったら、失恋ソングを唄いまくりましょう。
ぜひ、僕も誘ってください。
失恋ソングのレパートリーは、他の人よりたくさんあります。
一緒に、泣きながら、熱唱しましょう(気持ち悪いね)。


Singles 2000Singles 2000
(2002/04/17)
中島みゆき瀬尾一三

商品詳細を見る

滝野すずらん公園にいってきました。

たきの

アシリベツの滝。
またこんど、季節の変わりめに行きたいなぁ。

絵本コーナーにて。

ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集)ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集)
(1967/01/20)
なかがわ りえこ

商品詳細を見る



僕は絵本が好きだ。
子供ができたら、本屋さんの絵本コーナーにある本すべて買い占めて、
まいにち寝る前に読み聞かせをしてあげるんだ!!

そんな絵本好きの僕の中での、「原点」の一冊。
それが、「ぐりとぐら」である。
ほんとに、ぼろぼろになるまで読んだなー

なにより、あの「巨大カステラ」が、おいしそうで、おいしそうで…
絵本の中の動物さんたちが、うらやましくて、うらやましくて…
あのシーンは一生忘れられないほどのインパクトがあったなー
おいしそうなカステラを、みんなで仲良く、おいしくいただく。
幸福の原点が、そこにある気がするな。
(たまごを奪われたお母さんはかわいそうだけども、そこは目をつぶろう)

本屋さんの絵本コーナーには、今も変わらず、「ぐりとぐら」が置いてある。
普遍的な魅力があるということでしょう。

僕の実家にある「ぐりとぐら」は、ぼろぼろで、もう読めないだろうから、
僕の子供には、新品の「ぐりとぐら」を用意しなければいけないね。
僕の子供もまた、あの「巨大カステラ」に目を輝かせて、
絵本がぼろぼろになるまで読んでくれたらいいなぁ。
Twitter
プロフィール

keigo

Author:keigo
試される大地、北海道・札幌在住の大学生。
現在医学部6年目、国家試験に向けて日々勉強中。
趣味は競泳、読書。

心に残ったこと、残しておきたいことを、読書日記を軸に書き留めていきたいと思います。
週2~3回くらいの頻度で更新していきます。
コメント・トラックバック熱烈歓迎です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。