スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンジ

知識は要らないよ
それより、スポンジのような吸収力をもっておいで。
フットワークと。


(研修医の先輩からいただいたメールより)




そんなわけで、
僕の実習のテーマは
“スポンジのような吸収力とフットワーク”
となりました。

意識するだけで得られるものではないと思うので…
テーマに据えたら、具体的な行動として噛み砕こう。

“吸収”するには、興味とやる気をもつことが前提かつ最良だと考える。
興味を持つには、勉強し、理解し、疑問をもち、解決してゆくこと。
自分のやりたいこと、自己実現像をできるだけリアルに描くこと。
そのためにはやっぱり、勉強して、行動して、知識と視野をひろげること。
そのための切り口、材料はいくらでもある…貪欲に動くこと。
それが“フットワーク”。
“スポンジ”も“フットワーク”も、密接に関係しているんだね。


スポンサーサイト

ひとり水泳のすすめ

今日はひとりで黙々と泳ぐ。
同じコースで一緒に泳ぐひとはいない。
泳ぎはじめれば、完全に僕ひとりの世界。
ただでさえ自由な僕は、重力や外界の音からも開放され、
いっそう、自由になる。

ほんの一時間程度の水泳時間でも、
起伏に富んだ、ちょっとしたドラマになる。
ひとりであるがゆえの、深い心情ドラマ。

泳ぎはじめの開放感。
水に溶け込むような心地よさ。
純粋な、運動自体のもつ愉しさ。
そして、少しの、疲労に対する恐怖。
それを上回る、心技体の向上に対する期待感。

練習の途中、疲れを感じる局面が数回来る。
設定メニューを減らそうか。
途中で上がってもいい。
僕は完全に自由だから、途中で手を抜いたとしても、
きっと誰にも責められない。

そういうサボり心も飲み込んで、
排除はせず、同居しながら、
目の前の運動の魅力にもう一度目を向ける。
練習後の達成感をイメージする。
練習の積み重ねで得られるであろうものに、思いを馳せる…

(それでも時々負ける。勝った負けたを繰り返し、総じて前に進む)

自身の中に深く潜り込んだ後は、
その反動からか、外へと発信したくなる。
(それでいま、こんな文章を書いている。)
自分以外の人と、コミュニケーションが取りたくなる。

不思議と、やさしい気持ちで。

やさしい歌がいつもより染みるのがわかる。
この世に、おもしろくないものなんてないようにおもえる。

部活とは違った側面で楽しめる、
ひとり水泳のすすめ。
たまにはいいね。

Twitter
プロフィール

keigo

Author:keigo
試される大地、北海道・札幌在住の大学生。
現在医学部6年目、国家試験に向けて日々勉強中。
趣味は競泳、読書。

心に残ったこと、残しておきたいことを、読書日記を軸に書き留めていきたいと思います。
週2~3回くらいの頻度で更新していきます。
コメント・トラックバック熱烈歓迎です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。