スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

禁煙バトルロワイヤル~“個の美学”と社会批判について

禁煙バトルロワイヤル (集英社新書 463I) (集英社新書)禁煙バトルロワイヤル (集英社新書 463I) (集英社新書)
(2008/10/17)
太田 光奥仲 哲弥

商品詳細を見る


禁煙外来のプロである奥仲医師と、
ヘビースモーカー爆笑問題太田光氏による、
禁煙派vs喫煙派のバトルロワイヤル対談。

奥仲氏の『煙草の害』についての説明は、
実際の症例や科学的根拠に基づき理路整然かつ多角的で、
説得力があると感じた。
特に、COPDの苦しみについてのくだりは生々しくてすごい!
将来、煙草の害について説明する機会に出くわしたとき使えそう。

一方の太田氏、そんな奥仲氏の熱心な説得にも、
頑なに喫煙派としての姿勢を貫き通す。
読者からみても『そうくるか!』という切り返しをしてくるところは流石。
随所で、哲学的な話にすり替えたり論点を巧みにずらしているのは
(哲学の話の内容や賛否はとりあえずおいといて)、
ちょっとずるいと思ったけども。
それも彼の『持ち味』であり、魅力なんだろう。

以前も書いたけど、煙草を吸う吸わないは個人の自由だし、
そのことで必要以上にどうこういうことは、僕はしない。
もちろん、禁煙が個人の無知により阻まれている不幸なケースは、
職業上見逃してはいけなくなるのだろうし、
できる限りの『禁煙指導』をすることになるだろう。
そういうケースでなくて、
あらゆる情報を理解し、
多大なリスクをひとりで背負う覚悟の上での喫煙なら、
それは個人の自由だとおもう。
その覚悟があるならば、
太田氏が繰り返し主張する“喫煙の魅力”だって、
理解はしないまでも尊重したいとはおもえる。
『健康はつまらない』という太田氏の哲学、
僕はかなり相容れない部分があると感じるし、
その哲学が彼にとって恒久的なものなのかも疑問だが、
それでも、それが『個人の美学』であるならば、
その美学を貫く姿勢を尊敬しようと思う。

でも…
『個人の美学』に留めてほしい。
お笑い芸人なら、そこから笑いにつなげるのもいい。
だけど、『個人の美学』を一般化して、
社会批判に繋げるのはどうだろう。
その点については、少し気になった。

いちファンとしては、
太田さんには純粋に『笑い』を追求する立場でいてもらいたい。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

俺もたばこに関しては個人の自由だと思います。

【喫煙者は診察お断り】って呼吸器内科医の話を聞いたことがありますが
ならDS持ってる近視の子どもも診察拒否すべきだと思うし
たばこなんかよりゲームの方が
よっぽど世の中のために良くない気がします。
目も悪くなるし、運動もしなくなるし、時間も取られるし、勉強しなくなるし。

たばこばっかり叩かれるのはどうも違和感を感じますね。
まぁ、俺は吸いませんが。(ゲームはします)

来週から行く実習先に、この前見学に行って来たのですが…
たばこの煙がめちゃめちゃ充満していました。
禁煙場所・喫煙場所が分かれていないので、ちょっと辛いです。

吸う自由ももちろんあると思いますが、
吸わない人が、受動的に吸ってしまうかは喫煙者にゆだねられてますよね。
それは何か変な気もしますね…

よく分からない文章になってしまいましたが(・ ・;)

>KAKA'りん

結構極端な論旨だね…
でも、言わんとすることは理解します。

なにがよくてなにが悪いのかっていう議論は、
価値観が多角的ゆえ難しいんだろうけど、
多角的なまま議論されるべきであると僕は思います。
少なくとも、ある種の患者を拒否するようなやり方や、
一方的な価値観の押し付けだけでは、
総じて無理が生じるものなんでしょう。。




〉ささきちゃん

いや、言ってること、よくわかりますよ。
爆笑問題の田中氏は非喫煙者なのに、
受動喫煙によって喫煙者なみに肺が汚くなっているんだって…

記事中で、
「リスクをひとりで背負う覚悟の上での喫煙なら」
と表現してみたけれど、
完全に「ひとりで」リスクを背負いきるのは、
現実的に不可能なんじゃないかとおもえるほど難しいと感じます。
(そして、そのことを理解している喫煙者は少ないのも現状かと)

Twitter
プロフィール

keigo

Author:keigo
試される大地、北海道・札幌在住の大学生。
現在医学部6年目、国家試験に向けて日々勉強中。
趣味は競泳、読書。

心に残ったこと、残しておきたいことを、読書日記を軸に書き留めていきたいと思います。
週2~3回くらいの頻度で更新していきます。
コメント・トラックバック熱烈歓迎です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。