スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

計画を立てる力

木を1本切るのに8時間もらえるなら、
私は最初の6時間を斧の刃を研ぐのに費やす。

リンカーン




計画を立てるのは好きなんですけども。
いざ実行に移してから、計画の不備に気づくんですよね、大体。

リンカーンほどの歴史的人物であれば、
残りの2時間で切り倒す絶対の自信をもって、
刃を研ぐことができるのでしょうか。

実際には、多くの人の場合は、
Try&Error(計画・実行→頓挫・反省→また計画・実行)を繰り返して、
「計画力」自体も、ブラッシュアップされてゆくんじゃないかなーと思います。

あるいは、そうしてたどり着いた境地が、
「計画(準備)6時間、実行2時間」
なのかもしれませんね。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンカーンが言いたいことは充分わかるんだけど微妙に納得できないな。

実質2時間で切れる木を切るのに8時間もくれる親切な人がいるだろうか?
1本切るのに8時間かかると思われている木ならそれなりの巨木であることが予想され、実際問題として6時間も悠長に斧研いでたらいくら切れ味鋭くなってても間に合わないと思う。

普通の木を1本切るのにも過剰なほどに余裕を持って行動しておけば準備も充分にできる…という話なら同感。

まあ実際に木を斧で切ったこと無いからこんな話は無意味だけど。(笑
リンカーンの時代にチェーンソーは無かったのね。

>usagiさん

リンカーンたぶんそこまで考えてないから!!
そこまで徹底的に反論されても(笑)


やみくもに行動に移すより、
十分に準備してからの方が効率がよいよ、ってことでしょうか。。
Twitter
プロフィール

keigo

Author:keigo
試される大地、北海道・札幌在住の大学生。
現在医学部6年目、国家試験に向けて日々勉強中。
趣味は競泳、読書。

心に残ったこと、残しておきたいことを、読書日記を軸に書き留めていきたいと思います。
週2~3回くらいの頻度で更新していきます。
コメント・トラックバック熱烈歓迎です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。