スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ここが俺の足場なんだ』

さよなら蘭堂
あたしアントワープに行く
蘭堂が来るの待ってる
東京で小さくまとまったりしないで



ちがうよユマ
東京は小さくなんかない
小さいのは
東京を小さいと思って
海外に答えを求めるオレたちさ


ミラノでもNYでもパリでも東京でも
舞台はどこだっていい

福田蘭堂のいる所に世界が注目する日が
必ずやって来る


ここが俺の足場なんだ




(安野モヨコ『ジェリービーンズ』より)




ジェリービーンズ 5 (ワンダーランドコミックス)ジェリービーンズ 5 (ワンダーランドコミックス)
(2002/07)
安野 モヨコ

商品詳細を見る




“ここが俺の足場なんだ”

ランドーかっこよすぎ。

“足場”とは“信念”だとおもう。
信念がないまま、
なんとなく「世界志向」ぶる多くの日本人とは、
一線を画す台詞。

いまの自分ではぜんぜん届かない魅力だからこそ、
こんなにも強く魅かれるのだろうか。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

読んだことないマンガ(?)ですけど、熱いですね!
信念をもつのは難しいことです。
そしてそれを曲げないのもまた然り・・・。

自分にこんなセリフ言う機会あるかなぁ(笑)

>KAKA'

まぁどちらかというと少女マンガだからね、これ。
マイナーかもしれないけど、
安野モヨコism満載で、
核心をつかれるような台詞が多く散りばめられた名作だとおもいます。

この蘭堂(高校生,デザイナー)の台詞はもう最高だね。
蘭堂みたいな天才じゃなくても、
自分の“足場”を信じて勝負し続けられる男に憧れます。

なんの分野で勝負するのかわからないけど、
『KAKA'のいる場所=世界の中心』
になる日が、楽しみですねー◎

かっこいいっすねー

自分が世界の中心に行くんじゃなくて、
世界の中心を自分のところに持ってくる。

そんなこといえるくらいになりたいっすね。

>茜くん

かっこいいよねー

天才蘭堂の絶対的自信の現れと解釈する人も多いだろうけど、
僕は、自分の“足場”を明確に意識しているところに、
特に惹かれますね。

茜くん、ぜひ言ってくれ!
Twitter
プロフィール

keigo

Author:keigo
試される大地、北海道・札幌在住の大学生。
現在医学部6年目、国家試験に向けて日々勉強中。
趣味は競泳、読書。

心に残ったこと、残しておきたいことを、読書日記を軸に書き留めていきたいと思います。
週2~3回くらいの頻度で更新していきます。
コメント・トラックバック熱烈歓迎です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。