スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主人公の魅力

鋼の錬金術師 23 (ガンガンコミックス)鋼の錬金術師 23 (ガンガンコミックス)
(2009/08/12)
荒川 弘

商品詳細を見る



最新刊いいね!

僕の尊敬する漫画愛好家のひとりである筋肉しょうたろう君が、
「No.1漫画」と認定する大人気作品、
「ハガレン」最新刊。

筋肉しょうたろう君をはじめ、多くのファンがいる本作。

まず、バトル描写が圧倒的におもしろい。
"単純な必殺技の応酬"に終始することなく、
『HUNTER×HUNTER』みたいに、
理屈と設定の新しさでバトルに深みを増す手法が随所にみられる。

しかしそれ以上に、単純に、絵的に引き込む画力と構成力が凄い。
わかりやすいのに、単調じゃない。
キャラの動かし方と場面展開が、めまぐるしいのに、わかりやすく面白い。

最新刊では、
「アルvsプライド」
「アームストロング姉弟vsスロウス」
「マスタング大佐vsエンヴィー」
など、盛り上がり所満載!
いずれも派手さと緻密さ、
キレのあるどんでん返しと意外性のあるオチが用意され、
ファンも満足の内容なのでは。


☆☆☆☆☆


ただ、ストーリーに対する僕のこれまでの感想としては、
「主人公エドにいまひとつ魅力を見出せない」
という感じでした。

激情型でアクが強く、そのわりに「語らせすぎ」で、
しかも行動の芯がブレているような印象が…

あと、あんまり強くないよね。
これだ!っていう必殺技もないし。
他のキャラが強すぎるのもあるのかな。

少年の心理的な成長過程を描くのがテーマなら、
もっと素直な性格の主人公の方が共感ももてるし、
心理描写もよりわかりやすくなるのでは?
と思っていました。

でも、最新刊、エンヴィーの最期の描写はとてもよかった!
作者の描きたいエドの魅力が、なんとなくわかったような。
(これ以上はネタバレなので控えます…)


☆☆☆☆☆


ここまでかなり"駆け抜けてきた"感じの本作。
この勢いをいかにまとめるのか。
クライマックスに期待大!


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

現在お金を出して毎巻購入している、唯一の漫画です。


やはり主人公にもかかわらず、これだという必殺技はないですよね。
マスタング大佐と戦ったら負けるのでは…

イズミ、グラマン、
イズミ夫とアームストロング弟のやり取りが、僕のお気に入りです。


スロウス戦も、エンヴィー戦も
面白かったですね!

ガンガンも見ているので、多少その後も知っていて語りたいですが、24巻が出てからにします。

>わがちゃん

決定的な必殺技がなかったり、
そこまで強くなかったりするのは、
あるいは作者のこだわりなのかもしれないね。

僕もガンガン、チラ見してるけども、
クライマックスに向けて盛り上がりを見せているようですね!

24巻出たらまた語りましょう◎


Twitter
プロフィール

keigo

Author:keigo
試される大地、北海道・札幌在住の大学生。
現在医学部6年目、国家試験に向けて日々勉強中。
趣味は競泳、読書。

心に残ったこと、残しておきたいことを、読書日記を軸に書き留めていきたいと思います。
週2~3回くらいの頻度で更新していきます。
コメント・トラックバック熱烈歓迎です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。