スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『DEATH NOTE』コンビの実力!

バクマン。 1 (1) (ジャンプコミックス)バクマン。 1 (1) (ジャンプコミックス)
(2009/01/05)
大場 つぐみ

商品詳細を見る



今週のジャンプ、巻頭カラー!
読み応えがありましたね!
相変わらずの展開の巧さ、一話の中でしっかりまとめる上手さに感嘆。
服部さんの人情に感動!


好き嫌いが別れるのは、その独創性ゆえか。
(僕は初期~最近まで含めて、ぜんぶ好きです)

でも、こういう作品にリアリティーを求めすぎたり、
キャラの好き嫌いのみで作品を判断したりするのは、
僕は、あまり意味がないと思います。

作者が「魅せたい!!」とおもっている世界観を、
まるまるそのまんま、楽しめばよいのかと。

各キャラクターの根底に溢れんばかりの漫画への情熱があるから、
スポ根的な楽しみ方も出来るよね。
なにより、「漫画家」というテーマでここまでストーリーに動きを出す、
その力量は間違いなくすごいと思うけどなー。
「漫画」や「漫画家」の見方が少し変わるんじゃないかな。

「漫画の見方が変わる」といえば。
コミックス(単行本)のおまけページに、
「大場案」(つまりネーム)と、「小畑案」(ネームを基にした下書き)、
そして「完成原稿」が並べて載せてあるんだけども、
これがまた、すごいぞ!
「コマ割でこんなにも漫画って変わるんだ」ってのがわかるし、
小畑さんの漫画家としての圧倒的力量が、素人目にも伝わる!

ジャンプ派のファンの方々、コミックスも必見です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

「BAKUMAN」って文字の下の部分を少し隠すと「RAKIIMAN(ラッキーマン)」って呼べるようにしてるらしい。
大場つぐみはラッキーマンの原作者とも言われているらしいが。

ちなみに、デカスロンはちょこっと注目してました。
2日で10種目、最後に1500m走るという、どMにはたまらない競技ですね◎
俺はバスケ、バレー、水泳、マラソン、バスケのペンタスロンならできそうです。。

漫画を題材にした漫画は過去にもありましたが、
これほど読ませる漫画は他にはないですよね。
ぼくも大好きです、バクマン。

ところで単行本掲載のネーム、ガモウひろしの絵柄そのまんまですよね・・・。
もう正体ばらしちゃえってことなんでしょうか?

バクマンってそんなに面白いんですか!?
ジャンプはeDでしか読まないんですが
バクマンは絵が自分に合わなそうなので
いつも読み飛ばしています。
単行本読んでみようかな・・・

夏休み明けに久しぶりにジャンプ読んだら
I"sみたいのが連載されてて驚きました(笑)

>なおとさん

ラッキーマン!
それは気づかなかったです!
↑でピロシも言ってますが、大場つぐみの正体に関しては、
DEATH NOTEのときからまぁいろいろ言われてますよね…
僕は詳しくは知らないんですが。

しかしデカスロンもドMにかかればちょっと視点が変わってくるのですね(笑)
てか、バスケ2回出てきてますけど!


>ピロシキ丸

ラッキーマンなまら懐かしい…
稀有な発想力という点では共通項を感じますが、
しかし『ブサイクデスヨ』とか言ってた漫画家の原作とは思えませんねぇ。


>KAKA'

好みが別れると思います。
(実際、別れていると思います)
僕はその切り口の新しさに惹かれました。
いずれにしろ、クセのあるマンガだと思います…

しかしedってすごい字面!一瞬なんの話かとおもったよ!
Twitter
プロフィール

keigo

Author:keigo
試される大地、北海道・札幌在住の大学生。
現在医学部6年目、国家試験に向けて日々勉強中。
趣味は競泳、読書。

心に残ったこと、残しておきたいことを、読書日記を軸に書き留めていきたいと思います。
週2~3回くらいの頻度で更新していきます。
コメント・トラックバック熱烈歓迎です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。