スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウェブ社会とブログ。

ウェブ人間論 (新潮新書) ウェブ人間論 (新潮新書)
梅田 望夫、平野 啓一郎 他 (2006/12/14)
新潮社
この商品の詳細を見る


以前から僕は、
「ウェブ社会の変容とその中でのブログのあり方」
みたいなものに興味を持っていました。

ブログでの挫折経験から、
ネット上でのコミュニケーションや言説の難しさを痛感し、
自身の未熟さとも相まって、たくさん悩んだり傷ついたり…
まぁ冷静に振り返ってみれば、
ウェブ社会のダークで暗い部分を恐れるあまりに、
視野を広げることを怠っていたんじゃないかなぁとも思います。。

そんな折、梅田望夫氏の
ウェブ進化論
に出会い、
新たな視点を得ることができました。

ネットのネガティブなイメージに光が差した、
というか。
あるいは、
著者のウェブ社会に対する徹底したポジティブさに押し切られた、
というか。

Web2.0と呼ばれるこの大きな変容は、
社会をゆっくりと、しかし確実に、変えてゆく


実際Google Earthなんかが出てきたときには、
ほんとに度肝を抜かれたし、
情報のハード、技術自体は、
これからもどんどん進歩するんだろうなぁ、という感じがします。
「社会システムの変容とそれに伴う生活の変化」
を感じる1冊です。

で、今回の紹介記事は、
梅田氏と作家の平野啓一郎氏との対談がまとめられた、
ウェブ人間論
についてです。
前出の梅田氏の著書をふまえ、
“ウェブにより社会・人間は、どのように変化してゆくのか”
についての刺激的な議論が展開され、
読み応えのある内容となっています。

梅田氏によるウェブ社会の捉え方は根本的に楽観的で、
そこには、
「Web2.0をいかに自身の成長に利用し、この社会をsurviveするか」
という“個”としての姿勢が強く感じられます。
一方で平野氏は、ほぼ一貫して、
ウェブ社会のネガティブな部分をはっきりさせ、
それを“社会全体の流れ”として考察しようと試みているようです。
両者の対立により、
前出の『ウェブ進化論』の内容がさらに深まってゆくんです。

とりわけ平野氏による、
「“個人の変化”の集合として“社会の変化”がある」
という考察と、
相対する梅田氏との議論がおもしろい。
近年のブログの流行についても言及されているんですが、
個人としての
「ブログとの付き合い方」「ウェブ社会での生き方」
を考えるうえでの、
よい材料(刺激)になりました。

「本当の自分」とはなにか。
ネットと現実の連続性を断つ(匿名性を維持する)ことにより、
ネットの中の自分に「本当の自分」を求める風潮があるようで。
(たとえば、現実の“いい子”な自分は仮の姿で、
 ネット上で愚痴をこぼし弱みをさらけ出す自分こそが、
 本来の自分だ!みたいな…)
これはなんだかおかしいですよねぇ。
でもこういう類のブログや掲示板への書き込み(2ちゃんねるとか)は、
「現実社会で拾われなかった声たち」
なわけだから、
現実社会について考えるうえではずせない要素になるのでは、と。
平野氏は考察しています。

ネットとリアルの連続性が薄い傾向は日本人に顕著で、
それは日本人が、「多様性」を示す欲求を持つからだ、と。
なるほど、これはよくわかる気がします。
(友人のブログとかを読んでいて、
“こいつ、こんな一面があったのか!”
と思うこともしばしばありますよね。)

現実の社会では、なにかと“しばり”が多いから、
自分をある程度抑制し、ときには演じる必要もあるでしょう。
リアルでは表現しきれないなにかを“個→多”に発信することで、
そのような抑制を解き放たれるのかもしれませんね。
さらには、
自身の中にある多様性が解放され、
その多様性のどこかしらの部分に他のだれかの多様性がひっかかり、
そこから新しい刺激が生まれたりもする。
これはとっても興味深いことだと思います
新しいコミュニケーションのかたちなのかもしれませんし、
有意義で可能性に満ちたものになるんじゃないかな、と思います。

ウェブを通じて嫌な思いをすることも多いだろうし、
梅田氏の楽観的観測がほんとに正しいかどうかは、
僕にはまだわかりませんが…
「相互コミュニケーションの展開」「自己の成長」
などなど、
ブログの利点(可能性)は無限にあるわけで。
自分のスタイルにあわせて、気楽に楽しく利用すればよいのかな、と。

今はそんなふうに考えています。

スポンサーサイト

テーマ :
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter
プロフィール

keigo

Author:keigo
試される大地、北海道・札幌在住の大学生。
現在医学部6年目、国家試験に向けて日々勉強中。
趣味は競泳、読書。

心に残ったこと、残しておきたいことを、読書日記を軸に書き留めていきたいと思います。
週2~3回くらいの頻度で更新していきます。
コメント・トラックバック熱烈歓迎です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。