スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウラ~! さっぽろチェブラーシカ祭りレポート

知る人ぞ知るロシアの人気者、チェブラーシカが札幌にやってくるということで、
喜び勇んで会いにいってきました。


cb


「チェブラーシカ来札!」って(笑)


以下、詳細レポート。

開演前の行列にまず驚き。
日本でも、こんなに人気があったんだ…
カップルと女性客が多かったかな。

はじめに、「おとなシアター」として4話連続チェブ劇上映。

物語は、チェブラーシカ(謎の生き物)とワニのゲーナの友情・冒険が軸。

ロシア語にもロシア文化にも疎い僕は、
突っ込んでいいのかわからない微妙な展開と独特の空気感にプチカルチャーショックを受けつつも、
チェブの可愛らしさとゲーナの人柄(ワニ柄)の良さが織り成す癒しムードに包まれて、
心地よい時間を過ごすことが出来ました。

上映後、チェブ人形との記念撮影をしてお祭りは終了。
盛況のうちにお開きとなりました。


*******


さて、僕とチェブとの出会いは、友人のブログで紹介されていたこの動画なのですが…

なんとも切なげで、奥深いメロディーと歌詞が心に染みてきます…。
これは第3話のエンディングです。
いきなりこの動画を観たら、「いったい、どんな状況だよこれ!?」と思うことうけあいでしょうから、
このエンディングに至るまでの第3話の流れを簡単に紹介しようとおもいます。
(以下、ネタばれを嫌う方はお気をつけください)

海水浴にいこうと列車に乗ったチェブとゲーナは、悪戯おばあちゃんに切符を盗られ、
途中下車を余儀なくされます。
線路に沿ってとぼとぼ歩く道すがら、
密猟者たち(?)と一悶着あったり、
廃棄物を垂れ流す工場による川の汚染を改善したり、
おばあちゃんの嫌がらせ&手助けを受けたりしつつ、
最後にまた列車に乗り込めた、という流れです。
(なんだかざっくり文章化すると、いっそう流れが意味不明ですね…)

あ、ちなみに、冒頭の画像は、ふたりが線路を歩いているシーンです。
海水浴の荷物を運ぶのが大変そうなゲーナを見かねたチェブの野郎が、
「その荷物、僕がもつから、ゲーナは僕をおんぶして」
なんて可愛らしいことを言うもんだから、ゲーナはいっそう大変な目にあっている、という状況です。
(荷物はいつのまにか白い箱だけになっていました)
ゲーナの人柄(ワニ柄)のよさが滲み出た、なんとも微笑ましいシーンです。

で、最後はみんなで仲良く列車に乗り込むわけですが、
もともとおばあちゃんは切符を持っていないので、列車の屋根に乗らねばなりません。
しかしレディーにそんな仕打ちをすることをよしとしない紳士ゲーナは、
残りの二人を客室に乗せ、自らが屋根に乗ることを志願します。

(ロシアでは切符を持っていない人は列車の屋根に乗る文化があるのでしょうか…)

(というか、それじゃあはじめから屋根に乗って海水浴に行けばよかったのでは…)

そんなことがあって列車は走り出し、この動画のシーンに至るのです。

やっぱりいっしょがいいや

チェブの台詞には、そんな背景があったわけです。
なんだか、やさしい気持ちになれるでしょ、たつるくん?

ずっと続いてほしいけど 今日は過ぎ去ってく~

あぁ、切ない…

けっこう酷い目にあってる今回のゲーナですが、それでも、
友達との冒険は、楽しくて楽しくて仕方なかったんだろうなぁ…

以来、僕の頭からはこの旋律が離れてくれなくて、困っています。


*******


以上、ずいぶん長いレポートになってしまいました。
少しでも興味を持った方がいましたらぜひ、
「チェブラーシカ」の、なんともいえない魅力に触れてみてください。
大通の「チェブラーシカショップ」行きましょう。

それでは今日はこのへんで。
読んでくれてありがとうございました。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

なるほど、そういう経緯があってエンディングに至っていたのか。
テレビ着けたらちょうど歌が始まるあたりだったんでそこまで知らんかった。
それを踏まえると余計に感情移入しちゃうなぁ。
ってか、そんな大々的に祭られるような有名作品だったんだ∑(-Д-)
そしてそこまでハマったんだ∑(-Д-)

>usagiさん

会場では、チェブTシャツを着てる女性など、
熱狂的ファンも多数見られたよ。
そのくらい人気作なのです。

そんなわけで、きっかけをくれたウサギさんには感謝しています。
ウサギさんもぜひ、本編も観てみて下さい!
きっとはまります。

時には人を傷つけて
今日が終わるけれど
次の冒険が待っている
よろしく機関士さん


僕らも次の冒険にむけて旅立ちますか。
まずは、国試勉強という冒険の旅へ(笑)

Twitter
プロフィール

keigo

Author:keigo
試される大地、北海道・札幌在住の大学生。
現在医学部6年目、国家試験に向けて日々勉強中。
趣味は競泳、読書。

心に残ったこと、残しておきたいことを、読書日記を軸に書き留めていきたいと思います。
週2~3回くらいの頻度で更新していきます。
コメント・トラックバック熱烈歓迎です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。